車を買い換える際は下取りに出すのが一般的ですが、中古

中古車の買取を頼む際、時期、タイミング、依頼

車を買い換える際は下取りに出すのが一般的ですが、中古車買取も候補にいれてみませんか。
下取りはすべておまかせですが、買取は査定に来てもらう手間があります。手間かかるのはいやだなと思う気持ちも多少はあるかもしれませんが、処分しようという車の年式や車種などによって車買取業者での処分も、検討する価値はあると思います。

僕は前に安く下取りに出して悔しい思いをしたので、今回は下取りと買取で競合させてみました。

すると買取業者のほうが高かったんです。



特に高額だった1社にきくと、ちょうどこの車を探しているお客さんがいるのだそうです。

30万円までは即日現金払いという業者さんだったので、引取りと同時に現金を貰い、さっそく新車の頭金にあてました。下取りでいいのにと渋っていた家族も、このときは「すごーい」と言ってくれました。
車の査定額は高いほうがいい!そのための条件は、その車種が人気かどうかということになります。なぜかというと、市場での人気が高い場合には、たとえ高値で買い取ったとしても売れ残る可能性が低く、たとえそう安くなくとも購入したいという声が上がりやすく、総じて高めに査定されることが多い可能性が高いです。



例として挙げられるものは、アルフォードやワゴンR、それに、フィットやハリアー等々です。これらが特に人気のある車種です。

業者に車を買い取ってもらおうと思い、ネットで簡単査定をしてもらいました。

買取に出す車は赤のアウディで、5年ほど乗っただけの車だったので、査定額はそこそこ高額になるだろうと思って楽しみにしていたら、予想に反して安い額を付けられたので驚きでした。その査定をしてくれた業者の担当者に来てもらって説明してもらいましたが、「今はアウディでも軽自動車以下の額しか付かない」と言われたので衝撃でした。


車を買い換える際、ディーラーに下取りを頼むと次の車が届くまでは古い車に乗り続けることができます。しかしながらディーラー下取りではなく、中古車屋への売却の場合は日数があくこともあるわけです。


代わりに自転車や公共交通機関が使えれば良いのですが、そうでない場合は訪問査定等を申し込む際に代車を利用する可能性があることを伝えておく必要があります。
代車ありを謳っている業者でも店によっては取扱いの有無は変わるので念には念を入れて確認しましょう。
自家用車の買取そのものには手数料やサービス料などはかかりません。


しいて言えば、車の名義変更に伴う費用でしょう。

買取業者に手続きを委託するのであれば代行手数料が必要です。


名義変更代行の手数料については、あとで振り込まれる売買代金から差し引かれることもありますし、契約書を記入したときに現金や振込などで支払うこともあります。そのときの領収証や振込票はすべての手続きが済むまでは大事に保管しておきましょう。それと、あまり大きな額ではありませんが、売却時には所有者の印鑑証明、それに、住民票のうつしを必要としますので、印紙代として数百円ほど必要になります。車を業者に査定してもらう際には、リサイクル料、税金の残りなどの費用が査定価格の中に含まれているのかを必ず確認するようにしましょう。

他に留意すべき点としては、後から返金請求の可能性がないか、確認する必要があります。


酷い例になると、金額を可能な限り低く抑えようとして、減点対象となる個所が後から見つかったと言って堂々と返金を要求してくるところさえあります。愛車を廃車にすると自動車税が還付されますが、カーセンサーの車査定に出した時にも還ってくることは知らない人も結構いるようです。



実際、車を手放すと決めたら、自動車税は残った期間分を返金してもらうことができます。
逆に中古車を買う時は、次の年度までの期間によって払う必要があると言えます。


車の査定をして欲しいけれど、個人を特定するようなことは教えたくないという人も多いのが現状です。

けれども、匿名で車の査定をしてもらうのは無理です。

メールでの査定なら出来るかもしれないと思うでしょうが、残念ながら申請に必要な個人情報を入力するので、匿名でということはできません。


車を査定してもらいたいならば、自分を特定できるかもしれない情報を相手に伝える必要があります。
車を業者に買い取ってもらうときは、年式と走行距離で大幅に値付けが変わってくることは常識です。



1年で1万kmというのがだいたいの目安で、それより走行距離が上か下かで、査定額も上下します。走行距離だけに限って言えば、短ければ短いほど標準の査定額よりアップします。
しかしこれが年式に関係なく10万km以上走っている車だと、値段がつかないこともあるようです。
また、査定は車種や需要によっても異なるので、迷ったら複数の会社に見積りを依頼してみると良いでしょう。



愛車のekワゴンも今や7年物。
ついに買い替えを決め、新しい車を買うお店に下取りしてもらうことも考えましたが、下取りの提示金額に不満がありました。

僅かに手間がかかったとはいえ、中古楽天車査定業者に依頼したところ、ずっと高値が付きました。


今回は一括査定をお願いしたので、概ねの相場が判明するので便利でしたし、思ったより簡単に買取の手続きも進めることができました。


下取りの場合と買取の場合の額の違いを考えたら、本当に、下取りに出さなくて正解でした。