先日のこと、長年乗ってきた愛車を売ってきまし

事故車でも査定は受けられますが、つけてもら

先日のこと、長年乗ってきた愛車を売ってきました。

売るときに取引してくれる中古車業者から、売った車がその後インターネットで販売される流れや売却の手続きに関する書類などの親切な説明を受けました。

長年乗ってきた車なので、丁寧に扱ってくれる人へ渡ればいいなと思い、こちらも真剣に話を聞きました。査定額が満足でなければ、納得のできる価格、査定金額を出してくれる買い取りディーラーに出会えるまで出向いて貰って、査定をお願いできます。しかし、長期間に渡って出張査定ばかり頼んでいると、その間に古い車の相場が下がってしまって、損をしてしまうこともあります。

ネットなどである程度の相場を把握しておき、妥協するのが偉い選択かもしれません。

査定に訪れた業者から高額査定を受けるにはコツというものがあります。営業マンの目的といったら契約にほかなりませんので、提示金額次第ではここで契約してもいいという姿勢を見せて、好条件を引き出すのです。営業マンとしても早く契約を決めて車を引き取る日取りがわかれば、中古車として販売する前の下準備の段取りがだいたい描けるので、お互いに金額交渉が比較的うまくいくわけです。



世間では、車の査定を受けるのに良いのは3月が良いと言われています。

その理由は、4月からの新生活に向けて、多くの人の生活環境が変わるため、車の需要が増えて中古車市場が最も大きく動く時期なのです。

買取需要が増えますから、それに伴って、買取価格も高くなることが多いようです。



さらにこの時期は自動車税のことも考えなくてはなりませんので、査定も売却も3月中に済ませてしまう事をおススメです。



決算期で販売合戦の激しい3月と、ボーナスの影響が出やすい9月というのは車を売る方にとっては非常にありがたい時期です。

中古車販売業者の多くは今のうちにもっと商品を仕入れて売上を伸ばしたいと考えています。みんながそう思えば仕入れ(査定)金額もおのずと高くなってくるものです。売却を漠然と考えているのであれば、価格上昇のタイミングを見計らうことで、高額査定も期待できます。


一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定は低調ですので避けた方が無難です。買取業者による実車査定は、雨の日や夜にしてもらう方が本来の額より高く見積もってもらえる可能性が高いという話をたまに聞きます。

光の反射がなく車体の傷が目立ちにくいので、査定士が気づかず減点されずに済むからというのが理由です。

ただ、そんな儚い期待を抱くより、いつ来ても構わないという気持ちで出来るだけたくさんの業者に査定させる方が効率的です。
誰だって自分が契約を取りたいに決まっていますから、自然と査定額もアップするでしょう。それぞれの車種によって、人気の色には違いがあります。
トラックは昔からホワイトが不動の一番人気です。



ところが、その他の車種ですと、査定で人気なのは、ホワイト、ブラック、グレーの系統ですね。売れている車の色、すなわち、多くに人に受け入れられてる、いわゆる「定番色」がカーセンサーの車査定においても査定額に有利に働くという事ですね。
他にも、パール系やメタリック系のカラーの場合は同色でもソリッドカラーよりも査定結果が良いそうです。
他にも、限定色などの希少価値のある場合は高値になることがあるそうです。壊れて修理不能な車は「全損」という扱いになるのですが、実際に全損には2種類の意味があります。修理しても車としての機能を取り戻せない物理的全損がまず挙げられますが、そのほか、修理費が保険の支給額を上回ってしまうものを経済的全損と言います。自動車保険の給付金の金額というのは、常に変動する市場評価額に則って算出されます。
日本自動車査定協会発行のリファレンスなどで保険会社は適正な金額を算定します。
実際の価格と違うように感じたら、納得がいくまで説明を求め、金額については交渉しましょう。子供が生まれたので、2シーターの車を買い換えることに決まりました。
独身時代から乗っている車ですから、並々ならぬ思いがありました。



新しく車を購入するため、下取りに出しました。



意外にも、低い査定額だったのですが、傷がついてますので、これでベストな結果だったのかもしれません。
過去に事故を起こした車や総走行キロ数が10万kmを越える車だと、中古車屋からも引き取れないと言われてしまうことが多いです。

残された選択肢はというと、解体業者への持ち込みと廃車手続きを自分ですれば、屑鉄代と重量税の還付金が手元に残ります。


そのほか、事故車でも過走行車でも引き取るという業者を探してみるのも良いかもしれません。専門業者ならではの方法で再利用可能なパーツごとに細かく値段をつけてくれるので普通の中古車屋のようにタダ同然ということにはなりません。



廃車にする労力やコストを考えた上で金額的にも自分自身がこれならいいと思う方法を選ぶことが大事です。