買取は詐欺の温床でもあるので気を付けましょう。高

なるべく高い価格で車を売却したいと思うのであれば、見
買取は詐欺の温床でもあるので気を付けましょう。


高めの査定金額で安心させて、契約をさせておいて、色々と理由を主張して当初とは全く違う低い金額で買い取ろうとしてくるのです。それなら当然、買取に出すのを止めようとすると、車は既に輸送済みだなどと言って、運送料や保管料などの名目をでっち上げて支払いを要求してくる手口もあるようです。



また、その他の例としては、車の受け渡しを済ませたのにいつまでたっても代金が振り込まれないという詐欺もあります。事故を起こしてしまい車を修理した時は、正しくは事故車とは言わず修復暦車といわれています。


修復暦車では車買取業者の査定において、査定の金額が大幅に落ちてしまうひとつの要因となります。ただし、軽度の事故で修理した場合、修復暦車と扱われずに普段どおりの査定を受けられる車も存在します。昨今、インターネットが十分に普及したことにより、車の査定は以前と全く異なり、大変無駄なくしかも素早く行えるようになっています。


これはひとえに一括査定サイトの登場によるもので、このページにつなげて査定額を一番高くしてくれる業者がわかったら、そこからは実際の車をみてもらう現物査定を受けることになります。

そういう訳で、なかなか時間がとれなくて手間をかけていられないという人でも納得のいく業者を選んだり、不満のない査定にできるはずです。

インターネットが利用できるパソコンかスマホがあればいいので、自宅以外でもできるというのも便利なところです。

車査定の前には、こんなことに気をつけてください。まず、一カ所からの査定だけで契約するのは損です。今は一括査定サイトもあるので、車買取を扱う業者を幅広く探して比べて損はありません。事前の見積もりと現物査定に差が出ないよう、車の内外を掃除することが有利な査定につながります。

また、必要な書類は事前に確認しておき、当日提示できるようにしておきましょう。

車査定のサイトなどを利用して、車を売却したい業者を選出したら、今度は、車の実物を業者に査定してもらうことになりますが、この時、手元に用意しておきたい書類があります。



自賠責保険証明書、それから自動車検査証(車検証)の二つです。査定の日が近づいてきてからバタバタと慌てなくていいように、売却の時に必要になる自動車税の納税証明書類などと共に所在の確認をしておきます。
必要書類を紛失していた場合は、もう一度発行してもらう必要があるので、気を付けてください。中古車の下取り価格は走行距離によってかなり開きが出てきます。
例えば10万km超えの車だと買取、下取り価格に期待は持てないです。

けれども、3年で3万km以内、5年で5万km以内、1年で1万km以内の走行距離の普通自動車ならば下取りの査定額があがりやすいです。総距離が少なければ車の状態が良いとの判断となるわけなのです。車を売るときには、小傷はそのままでも構いません。


ただ、査定前にきれいに掃除はしておきたいものです。車の中には基本的に何も置かず、カバー類ははずしておきます。カーマットの下にはゴミがたまっていないように注意してください。
ボディやガラスが汚れているときは、ちょこちょこ拭くより水洗いが効果的です。洗剤を使うのでも手持ちのカーシャンプーで良いでしょう。


普段使わないブラシなどで念入りにやると、うっかりするとキズ・ハガレが生じるため、清潔さを第一に考えてください。
屋内保管でも、走っていればホイール周りは汚れるのできれいにしておくと良いでしょう。また、小キズをタッチペンで修正する人もいますが、買取後にプロが処理するほうがキレイですので、そのままにしておいてください。自賠責保険をやめると残存期間に応じた契約金の戻り分があるのですが、車両を売る時は買取業者が名義変更で対処するため、返戻金はもらえないでしょう。でも、その分買取額を高くしてもらえることが沢山あります。


それに、自動車任意保険の場合は、保険会社に聞いてみて、返戻金を頂いてください。